2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

稲刈り

s_MG_7375.jpg

s_MG_7340.jpg

s_MG_7325.jpg

s_MG_7363.jpg

s_MG_7319.jpg

s_MG_7373.jpg

始めての稲刈り。っていってもほとんど機械がやってたけど。こんなにいっぱいお米ができて、なんかすごい。


スポンサーサイト

| 未分類 | 19:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FAUST 2010 in Chino

Faust-omotefinal_195.jpg


今週の月曜日、茅野市民館へ『FAUST 2010 in Chino』の公演を観に行ってきた。
たまたま招待状をもらったからなんだけれど、こんな本格的な公演を間近で観るのはひょっとして始めてかもしれない。本格的な空中ブランコやサーカスが劇中に盛り込まれ思わず拍手のしっぱなし。舞台自体が観客席の高さと同じで、舞台の両脇にも席が設けられていて、観客のすぐ目の前、手が届きそうな所で話が繰り広げられる。生のバンドがすぐ脇で演奏していて、演じる俳優さんや、綱渡りをしたり、空中を飛び回る芸人さんの表情が手を取るようにわかる。まるで大道芸を間近で観てるような、とても楽しくて臨場感あふれるひと時だった。空中ブランコがよかったなー。どこか寂しげで、大きく空中を行ったり来たりするブランコに独り身を任せる女性のブランコ乗り、思わず映画のベルリン天使の詩を思い出した。演劇は全くわからないんだけれど、想像以上の舞台でした。俳優、芸人、音楽、照明、舞台装置、こう言ったすべてのものが、一つの場を作り出していて、何より楽しい舞台だった。でもこの小さな地方都市で、こんな公演が観られるなんてけっこうすごい事かもしれない。

高校生の時、山岳部と掛け持ちで演劇部に所属してたことがあって、舞台の照明を担当していたんだけれど、ある時男優の数が足りなくて、演劇部長が何を血迷ったかこのぼくを男優に抜擢したいといってきた。ぼくも断ればいいものを、ついつい押し切られ、臆面もなく始めての舞台を務める事にあいなったものの、いつもは別役実とか唐十朗だったのが、その時はなぜか三島由紀夫で、今でも覚えてる台詞が「奥さん、大丈夫ですか…(駆けよって手を肩に…)」みたいなかんじで、もちろん公演は散々、顧問の先生には大根扱いされ、その後俳優として声がかかる事はもちろんなく、照明係に専念したのはいうまでもありません。だから、演劇の公演というと、いつもあの恥ずかしい自分の公演がちらりと頭をよぎってなんとなく懐かしくなるのだ。


s_MG_7299.jpg


| 未分類 | 18:28 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

s_MG_7302.jpg

いつの間にか雨があがり、真っ青な空に虹が立ち上っていた。

| 未分類 | 21:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高遠ブックフェスティバル

高遠ブックフェスティバル、ゆるゆるで肩肘張らず、いいかんじのイベントだった。初期の頃の松本クラフトフェアをちょっと思い出した。クラフトフェアも今は随分様変わりしてるらしく、とんと足を運んだ事もないけれど。


s_MG_7258.jpg


高遠図書館には、いろいろなリトルプレスを集めたコーナーが設けられていて、そこにうちの本もおかせてもらったわけで、各地からみえているリトルプレスを作っている方々とのトークセッションなんかもあった。なかには遠く屋久島から見ている方も。

トークセッションの最後に紙媒体とwebの話になったんだけれど、やっぱり紙の本は素敵だなとあらためて思った。webの場合は視覚からの情報がほぼすべてだが、紙を折り集めた本の場合は、視覚以外にも、触れた時の手触りや重さといった触覚、パラパラめくる時の音を感じる聴覚、ふんわり漂う新しい本の香りや古本の匂いといった嗅覚、やった事はないけれど多分かじればそれぞれの本の味もするだろうという味覚、こういった五感を使って感じとるわけで、単なる言葉による情報の伝達以上に、その背景にあるものを伝えてくれる。書いたひとや作ったひとのリアルな存在や、目には見えない何かを感じとることができる。webの場合は、画像もきれいだし、いろんな情報や作っているひとの事を具体的に想像はしやすいけれど、どこか薄くてふにゃふにゃなかんじで、紙媒体が伝えるものとは全然違う。

高遠のメインストリート沿いにある仙醸蔵には、地元の製本屋さんで今や全国的にも名前の知られている美篶堂さんの装丁本も展示されていたけれど、これは陶芸や木工やガラスなんかの仕事と同じで、職人さんの手による工芸品といっていい。また活版で印刷された紙片が一緒に置かれていたけれど、その表情は暖かみがあって、今のオフセットの印刷にはない、ひとを惹き付ける魅力がある。活版印刷で名刺やカードを作りたいなー。でも考えてみたら、昔は紙や印刷や本を作る事自体、一つずつ手作りで丁寧に作られていた訳で、工芸品であるのは当たり前のことなんだろう。

それにしても図書館はやっぱりいい。最近全然本が読めないけれど、でも本に1日中囲まれている生活ってなかなか惹かれる。一度図書館で寝泊まりしてみたい。そういえば野宿野郎っていうリトルプレス??を作ってる方も来てました。

s_MG_7246.jpg

今日はほとんど写真撮る気にもならず、街中を歩きながら、道端でフォー食べたり、コーヒー飲んだり、ベーグル食べて、あとは図書館でぶらぶらして、たまたま立ち寄った古本屋さんで、ちょうど欲しかった『宇宙エコロジー』を見つけたので買ったりと、久しぶりに力が抜けていいかんじ。








| 未分類 | 18:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リトルプレス+


LP+フライヤーp1

LP+フライヤーp2

クリックで大きくなります。

| 未分類 | 20:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。